任意整理の費用を大公開!

債務整理

任意整理費用を公開!3人の事例を見比べてみると、事務所によってかなり差があるとわかる

投稿日:2019年3月4日 更新日:

なつこです!

実家の父の確定申告をするのに必要な書類を受け取ったら、間に債務整理の明細がでてきました(笑)
なのでお父さんに「これ、ブログに書いてもいいかな?」と聞いてみたところ許可をくれました!

ということで今回は「任意整理の費用」です。

任意整理をした3人(なつこ、なつこ旦那、なつこ父)の3人の事例をもとに、実際の債務整理費用を公開したいと思います。

これから任意整理をしたいと考えている人は参考になると思いますのでぜひ見ていってくださいね。


スポンサーリンク

任意整理は債務整理の中でも費用とリスクが低い

自己破産・個人再生・任意整理・特定調停・過払い金請求この5つを総称して、一般では「債務整理」と呼んでいます。

実際では過払い金請求は含まれない場合もあります。なぜかというと過払い金請求は完済後でも行えるためです。借金を直接整理する方法じゃないので、債務整理の呼称から除外されることがあります。

なつこ
ただし弁護士のホームページでは必ず「債務整理」のカテゴリに記載されていますね。

大まかには自己破産・個人再生・任意整理の3つが債務整理となり、この3つの中で任意整理は一番ペナルティが少ない整理方法となります。

  • ブラックリスト入りが(完済後)最大5年
  • 将来利息カット
  • 元金だけを3~5年の長期分割

これが任意整理のメリットです。

自己破産は元金がゼロになる代わりに、官報に住所氏名が記載されたり、マイホームや所有の車などの財産になるものも手放す必要があります。

個人再生は借金残高も大幅に減らすことができ、マイホームも残せます。ただこちらも官報に掲載されるデメリットがあります。

自己破産・個人再生ともに、ブラックリスト入りは完済後7年~10年が目安となります。

任意整理費用は必ず比較しよう

任意整理を依頼する時に、絶対避けて通れないのが依頼先の事務所を決めることです。

電車のホームの広告で目が入った弁護士および司法書士事務所にサクッと依頼してしまうのが悪いとは思いませんが(債務整理は思い切りも重要ですので)、でもしっかり比較検討を行いたいところ。

その理由は、費用が事務所によってかなり差が出てくるからです。

これからなつこを含め、身の回りで任意整理をした人たちの費用事例を紹介しますが、一つずつ見ていくと、本当に事務所によって任意整理に必要な金額が違ってくるというのがわかります。

なつこ
なつこもこれ書きながら、こんなに違うものなのかwとびっくりしました。

任意整理費用の実例①3社で114,480円

報酬 61,560円
和解報酬 32,400円
事務手数料(3ヶ月分) 9,720円
実費代 10,800円
合計 114,480円

まずはなつこが依頼したところです。合計1,500,777円を任意整理しました。

実費代など、なんやかんやで10万円ほどかかりました。実費代ってなんでしょうね?

もともとなつこは債務整理依頼時は妊娠中だったため、自己破産で手続きを進めていました。

自己破産の費用は26.8万円。その積立で10万円程たまったときに任意整理に切り替えました。

任意整理費用の実例②3社で64,800円

基本料金(任意整理) 21,600円/1社
合計(税込) 64,800円

旦那が依頼した司法書士事務所です。エポス656,229円、アコム450,947円、ニコス458,941円  の合計1,566,117円を任意整理しました。

わかりやすく1社21,600円という料金体系でした。

こちらの事務所は、面談は依頼時の1回のみ。しかも土日や夜遅くまで対応してもらえたので、当時平日は仕事で帰りが遅かった旦那でも問題なく任意整理を行うことができました。

土日や平日夜に対応していない事務所を選んでしまうと、先生からの着信に対応できなかった場合辞任されてしまうケースとかもあるそう。

任意整理を依頼するときは、費用面も気にしたいところですが、こちらが問題なく対応できる時間帯に動いてくれる弁護士・司法書士を探すのがコツです。

任意整理費用の実例③2社で334,619円

着手金 105,000円
報酬金 42,000円
実費 31,500円
減額報酬 156,119円
合計(税込) 334,619円

最後はなつこ父の事例です。任意整理の案件に強いと言われている某弁護士事務所で任意整理をしました。

和解金額はオリックスクレジット(149万円)、アイフルが(45万円)。

アイフルに関してはグレーゾーン金利だったらしく、1,934,878円の借入が456,000円にまで減りました。

実家の父
過払い金があって、140万円戻ってきました

ということで過払い金の減額報酬などがかかっています。

こちらの弁護士事務所、なつこたち夫婦が依頼したところとは違って、○社×いくらというやり方ではないのかな?って思って依頼先の事務所のホームページをのぞいてみたら、

  • 着手金→2社までは54,000、3社目以降は21,600円×社数
  • 報酬→21,600円×社数
  • 過払金→減額させた金額の10%

という費用の取り方をされているようでした。

実費っつーのが明細ではわからなく、父も依頼したのは10年前のため覚えておりませんでした(笑)

任意整理費用は司法書士の方が安い

上記の3つの事例以外にも、いろんな人の任意整理費用を見比べてみたのですが、総じて言えることは「弁護士に頼むよりも司法書士に頼んだ方が安く済む」ということです。

弁護士と司法書士の違いですが、弁護士はほとんどの債務整理を行うことができますが、逆に司法書士だと1社140万円以上は対応できなかったり、自己破産や個人再生も書類作成のみで、手続きのすべては対応できないらしいのです。

なつこ
でもここは差があると思います。なつこが依頼した司法書士はやってくれそうな感じでしたけど…
なつこ
司法書士でも借金案件に強いところなら、やってくれるのではないかな?

こうした縛りがあるため、司法書士の方が相場よりも安くなっているのではないかと思います。

任意整理費用が払えない場合は法テラスに相談

最低でも数万円かかる任意整理。

一番コストのかからない任意整理ですら数万円かかるので、自己破産や個人再生はもっとかかります。

もしどうしても費用も捻出できない場合は法テラスが任意整理費用の貸付を行っています。

ただし収入額が一定基準以下であることが必要です。詳しくはこちら→(費用を立て替えてもらいたい|法テラス

普通に収入のある人(夫婦の場合ならどちらかが正社員で働いているなど、安定した収入がある)は費用の立て替えどころか、相談すら無料じゃないこともあります。

民間の弁護士・司法書士事務所は借金案件なら無料で相談を請け負ってくれるところが今かなり増えてきていますので、わざわざ法テラスにいかなくてもよいです。

なつこ
それに、法テラスは時間もかかると聞くので、その間に督促の電話が鳴りっぱなしなのもイヤですよね。
なつこ
弁護士・司法書士に依頼すればピタッと督促電話は止みますよ!

それに、法テラスだと登録されている事務所のみと決まってしまいます。それなら費用や対応時間など、自分にマッチした事務所を探した方がいいのではなないかと思います。。

任意整理費用と合わせて確認しておきたいこと

ついでなので、任意整理を依頼する事務所を決める時に、費用以外に大事な部分もいくつかピックアップしておきます。

  1. 土日祝や平日夜も対応OKか
  2. 事務所は通える範囲か?もし通えない場合は来てもらえるのか?
  3. 和解後の振込は代行か?自分で振込か?

土日祝や平日夜も対応していないと手続きが進みにくい可能性も!

今は24時間対応OKの借金減額シミュレーターや、チャット相談が増えてきたので、土日祝や平日夜に対応していない事務所は減ってきています。

ただ地方の弁護士・司法書士事務所を調べてみると、まだサラリーマンと同じ営業時間の事務所もありますね・・・そうなると、いつどのタイミングで依頼したらいいかわかりません。

しかも、運良く依頼ができても、その後のなにか起きた場合、連絡が取りづらくなってしまいます。

連絡が取れないのが原因で依頼を辞任されてしまったってケースもあるくらいです。

勤務中に電話に出れない人はとくに、弁護士・司法書士の事務所の営業時間などはきっちり見ておきましょう。

全国対応OKでも面談の可能性が・・・

借金相談全国対応OK!といっても、面談が必要なケースがあります。

今回紹介した3つの事例では、全て事務所で面談をしました。

なので基本的には家から通える範囲の事務所を選択するのが望ましいと言えます。

とはいえ任意整理は基本1回、多くても2〜3回程度しか面談がないので、その分の交通費とかも鑑みて許容できる範囲の事務所を選びましょう。

例えば北海道に住んでいて東京の弁護士事務所に相談する場合、自分が東京に行くか、それとも弁護士が北海道に行くか、どちらかになりますが、どちらの場合でも交通費は依頼者負担であることが多いでしょう。(交通費負担してもらえる出張対応OKの弁護士もありますので探してみてくださいね)

「振込代行」は手数料が上乗せされる!自分で振込できる事務所を選ぼう

無事、任意整理の手続きが終わり、債権者に返済してく場合(任意整理や個人再生ですね)、実は返済方法が2種類あります

  • 自分で各債権者の振込口座に送金する
  • 弁護士・司法書士事務所に代行してもらう

弁護士・司法書士事務所に代行してもらう場合、もちろん手数料がかかります。(1件数百円)

インターネットバンキングが利用できる場合は絶対そっちの方が割安なので、自分で振り込むのをおすすめします。数百円も、4〜5年返済していれば万単位の金額になってしまいますからね。

インターネットでの振込に抵抗のある人は、弁護士・司法書士におまかせした方がいいでしょう。(ただし返済代行をやっていないところもあるので注意です。)

なつこと同じ年代の人は返済代行なんて頼まなくても、自分でネットで振り込んだ方が手っ取り早いですが、もう少し上の年代の人だと、インターネットバンキングが理解できなかったりすることもあるので、返済代行ができるところがいいでしょう。

実家の父
俺は弁護士の先生に返済をお願いしたよ

返済代行を頼むと、何件あってもまとまった金額を一箇所に送金するだけなので、忙しい人にもいいのかもしれませんね。

なつこ
なつこはケチぃので、絶対自分で返済します。

ちなみにここだけの話、エポス、アコム、ニコスは三菱UFJ銀行での振込です。

任意整理費用はあらかじめホームページなどでチェックしておこう!

債務整理行う人は増えてきていて、以前と比べるとだいぶ弁護士に依頼する敷居も下がってきたのではないかと思います。

いろんな弁護士・司法書士が任意整理を行っているということは、それだけ料金体系もさまざまですし、費用の内訳も変わってきます。料金体系が明確な弁護士・司法書士を

しっかりと検討して、納得のいく借金解決をしたいですね!

次に読みたい

債務整理ができる弁護士の探し方。良い弁護士を選ぶチェックポイント

債務整理でローンが組めた人の事例。キャッシングやクレカも今までの4年間の審査内容を大公開!

夫婦で債務整理するメリット・デメリット。2人で任意整理をした私たちの4年間

辛い借金の督促を今すぐ止めよう!

たくさんのところから借り入れをしていて、毎月自転車操業になっている。返済できないところからかかってくる督促の電話が怖い。
そういった悩みも債務整理で解決することができます。

サンク総合法律事務所なら、初期費用0円でしつこい督促の電話をストップすることができます。
なつこ
最初はドキドキしますが、勇気を出して相談すると本当に楽になりますよ!

借金で周りに迷惑をかけてしまう前に、自分でしっかり解決していきましょう!
温厚な先生が評判◎弁護士法人サンク法律事務所に相談する

おすすめ記事と広告

  • この記事を書いた人

なつこ

なつこ31歳。お互い借金を抱えたままできちゃった結婚。その後第2子出産を機に債務整理。MAX総額600万円を返済中です。3人の子どもがいます。

-債務整理
-

Copyright© 夫婦で債務整理!無計画主婦が毎月12万借金返済するブログ , 2019 All Rights Reserved.