任意整理は、一番リスクが少ない解決方法

任意整理とは、4種類ある債務整理の方法の中で一番リスクの少ない借金解決方法になります。任意整理は弁護士・司法書士に依頼して行うのが一般的ですが、自己破産や個人再生と違い、裁判所に行かなくても済みますし、友人や同僚に債務整理を行ったことがバレるリスクもないです。自分から公言してしまわない限り、任意整理をしたことがほかの誰かにバレることはありません。それが家族であったとしても、です。自己破産や個人再生は「官報」という冊子に名前、住所などの個人情報が掲載されてしまいますが、任意整理はそのようなものに名前が載ることはありません。
あくまでも任意整理は、現在使用しているクレジットカードや、キャッシングの「将来利息をカットする」、そして「5年くらいを目安に残債を長期分割で返済する」というのが一般的です。自己破産や個人再生のように、借金額が大幅にカットされるわけではありません。
任意整理を行うことのリスクは、任意整理を開始してから向こう5年程度は、新たなクレジットカードやキャッシングの新規作成はできなくなってしまうことです。もちろん、任意整理したクレジットカードを使用することもできなくなります。ただし、どうしてもクレジットカードを1枚だけ手元に残しておきたい場合は、任意整理を行わずに、今まで通りのおつきあいをすることも可能です。例えば、クレジットカード類をすべて任意整理して、車のオートローンだけは任意整理せずに残しておくことで、車を持ちながら借金を清算することが可能です。

投稿日:

Copyright© 夫婦で債務整理!無計画主婦が毎月12万借金返済するブログ , 2019 All Rights Reserved.