自己破産は、すべてを清算して人生を再出発する救済措置

自己破産とは、抱えていた借金が全てゼロになるという、債務整理の方法のうちの一つです。「自己破産」と聞くとネガティブなイメージがあるかもしれませんが、誰でもどんな人でも、失敗を認めやり直す権利があるという「人生を再出発する」というポジティブな意味で捉えることができます。実際には自己破産をすると、家や車などの財産は手放す必要がありますし、10年は新たなクレジットカードを作ったり、キャッシングを利用することができません。また、生活保護を受ける際も借金を抱えていたら自己破産をする必要があります(受給したお金は返済に充てることが禁止されているため)。自己破産を行なったら官報に住所氏名が掲載されます。ただ、20万円以下の財産であれば手元に残すことはできるので、車を持てるケースもありますし、同じく20万円以下の預貯金は手元に残しておくことができます。まさに人生の再出発です、10年立てば、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることもできます。
借金がゼロになるのが自己破産です。自己破産は弁護士を通して行います。司法書士も自己破産を行うことはできますが、抱えている借金の金額が多い場合は(140万円以上〜)、司法書士では対応してもらえないことがあります。また、自己破産は依頼すればすぐに督促の電話はストップしますが、実際に裁判所に行って免責許可が下りる(自己破産が決定する)まで7〜8ヶ月間ほど時間を要します。その期間、弁護士への依頼費用を分割で支払ったり、自己破産に必要な書類を集めたり作成したりしていきます。
自己破産は、借金がギャンブルや遊興費が理由の場合には免責許可が下りないケースもあるので、誰もが簡単に自己破産できるとは限らないのです。

借金返済に困っている女性はこちら/

投稿日:

Copyright© 夫婦で債務整理!無計画主婦が毎月12万借金返済するブログ , 2019 All Rights Reserved.