借金返済生活

借金返済の5年間を振り返ってみて。よかったこと、悪かったこと、辛かったこと

投稿日:2019年7月30日 更新日:

なつこです!

昨日のブログで、とうとう私名義の債務整理が完済したことをお知らせしました。

まだ旦那は毎月1万円返済していて、それは来年の1月末で終了。債務整理以外だと、車のローンや私の楽天カード(強制解約済み、リボ返済)、そして国保など、実際はまだまだ払うものがあります。

でも一区切りついたということで、肩の重荷が降りました。

債務整理をする前から今日まで、ざっくりと振り返ってみることにしました。

スポンサーリンク

債務整理する前、妊娠中〜出産

やっぱり女性は妊娠出産で、金銭状況が一気に変わりますよね。

2人目の妊娠中だったんですけど、ちょうど妊娠がわかる前に、車をローン組んで買ったんですよね。もちろん私の収入も計算に入れて。でも妊娠したから仕事を辞めなければならない(この時はパートでした)

出産費用もあるし、本当にカツカツ。

この時は幸いにも、出産費用が1万円しかかからなかったので(出産育児一時金42万円って本当にありがたい!)、無事に2人目を出産しました。

上のこがまだ2歳だったんですが・・・。

退院後から家事や育児もはじめて。お金が使えないから、全部自炊だったし、上の子を預けたりするお金もなかったから、全部自分でやって。

もうこれは今もですけど、平日はほぼ毎日旦那のお弁当作っているし、外食も滅多にしないし。

お金がないから、頭と体を使わなきゃって感じで、産後とか関係なく動いていました。

債務整理中、子育てがとにかく辛い

旦那も私も任意整理で開始した債務整理。

本当は、仕事を辞めて専業主婦の身分になった私には自己破産がよかったのでしょうけど(実際に依頼先の先生にもそう言われた)、でも途中でおじけづいちゃって(笑)、なんとかお金を工面しようとして、任意整理を選んだんですよね。

まあこれが良かったのか悪かったのか(笑)。今なら良かったといえるのですが、当時はマジでカツカツ。

2人で6万円近くを返済するんですよ。旦那の月収は毎月微妙な差はあれど、およそ30万円。

ここから国保、年金など税金払って、家賃10万円、食費、光熱費、とか払っていたらあっという間に30万円ですよ。それに車のローン(当時は月4万円)もある。

カツカツカツカツすぎて、娯楽にかける余裕がない。

2歳と0歳を常に家で見ているのはかなりハードモード。

今考えたら、お金をかけない遊びなんてたくさんあるわけですよ。公園行ったり、家の周り散歩したり。

でも当時は2人を連れて外出すると、2歳はイヤイヤ期だし、0歳はいつ泣き出して周りに迷惑かけないかヒヤヒヤで、外にでる気力もなく。

ずーっとひきこもりでしたね。お金がないことを言い訳にして。

ぶっちゃけ当時の状況を考えたら、虐待になっていてもおかしくない環境だったと思う。ただうちの子達は比較的育てやすい部類だったと思うからまだ良かったのかも。おかげさまで手を出さずに済んだ。

それでも毎日ずーっと家にいて子どもの声をずーっと聴いている状況は結構辛かったです。

保育園の一時保育を利用したくても、2人預けるだけで5000円。たかが1日子どもを預けるために5000円かけるくらいなら、自分に鞭打って頑張るしかないって思っていたのよね。

息抜きに友達と会ったりも次第にしなくなっちゃったなー。

子どもがいるから外出で迷惑かけないかな、とか、そもそもランチ代を捻出できないな、とか。。

塞ぎ込みがちでしたね。

一時保育に預けるのに1万円もかかった話。家計が厳しいと育児の息抜きもままならないね。

娯楽や食に満足にお金をかけられない

娯楽にお金かけられなくてイライラ、というよりも、娯楽にお金を使うのが怖い、みたいな。

いや借金返済しているのに、遊びにいく身分なんかじゃないよ、とか思っていましたね。

ディズニーランド行きたいねー、なんて話もとてもノれず。そういう話題が出るたびに勝手に胃が痛くなってた(笑)どこにそんなお金があるんだよ・・・って。

食べ物もそう。

買い物に行って、ちょっとおいしそうなものがあっても、余裕がないから買えない。もう必要最低限、栄養がとれるものしかお金を出せない。

最近どこかで「貧乏な人は、麺類や豚肉に偏りがち」というデータをみたのですが、まさにそういう食生活でした。

貧乏人がデブな5つの理由。食費にかけるお金がないのになぜ体はデカい?過去の自分を振り返りながら考えてみたよ!

働きに出るも、お金が残らない

そしてようやく子どもたちから手を離れて働きに出るのですが、まーお金が残らないw

もはや2人の学費が増えてしまったから、余計に出費が増えたって感じ。毎月の月謝だけではなく、服やら雑費やら、ちょいちょい買うものが増えてしまったので、これだけで毎月6〜7万円くらいかかっていたかも。

お弁当箱とか水着とか、意外と高いんですよね・・・。

そんで、自分も働きに出たから、化粧品やら服やら、最低限人前に出てもおかしくない格好を維持するのに、お金がかかる。

まさに「なんのために働いているのか」状態。

働いているのに、家事も育児もしなければならないとか地獄絵図で、やっぱり思考停止。

それでも、少しずつ借金額が減っているのは励みでした。

債務整理中に、いろんな審査が通ったことは励みになった

そんな中でも、やっぱり印象的だったのが、審査に通ったこと。

債務整理をすると、その期間で新たなクレジットカードが作れなかったり、ローンも組めなかったりするのですが、完済前に3つの審査に通ったんです。

一つ目は、楽天カードの審査。楽天プレミアムカードが専業主婦でも通過したのは、印象深いできごとです。

債務整理中の専業主婦でもクレジットカード(楽天VISA)の審査に通った!属性・状況まとめ

二つ目は、車のローン。これに関しては前の車の残債も乗った上で500万円の審査に通りました。ディーラーローンの低金利は審査が通らず、ジャックスで通ったため多少金利がイタイのですが、それでも審査に通ったことはうれしかったですね。

債務整理中に日産ディーラーの新車ローンの審査に通った話。

三つ目は、住宅ローンの仮審査。あくまでも仮ですが、年収500万円でフラット35年ローンだと、2798万円まで借りられるとのこと。なつこたちは横浜市に住んでいるのですが、横浜市だと、中心部から少し離れた場所の新築マンションがいけますね。新築戸建もいけるかも。

任意整理中でも住宅ローン事前審査に通過!返済中でも意外とマイホームが手に入っちゃうんだね!

返済中の各種審査は絶望的というのが常識ですし、ググってみてもなかなかそういう事例はありません。そんな中でもこうした明るい情報を書けることがちょっとうれしいなつこです。

債務整理中でも、ローンを組む必要に迫られた時など、なつこのこんな話を思い出してくれたらな〜とおもっています。

なつこ
とはいえ、無理な審査は禁物ですけどね!

債務整理も完済に近づき、最近では生活レベルがようやくまともに。

最近はと言いますと、やはり相変わらず仕事ばかりな毎日ですが、ここまでで債務整理関連の支払いが5万円減りました。

その分、待ったなしな感じで子どもたちにかかるお金は増えていますが、以前より辛くはない。

前なら、例えば服は買えても、肌着が買えないとか、靴下に穴があいてもなかなか新しいのを買ってあげられないとか・・・ありましたね。

あとはライティングの仕事とかをランサーズで受けてやっているので、10日に1回おきくらいに収入があるのも助かっている。

前までは安さ重視で「安かろう悪かろう」のようなものしか買えなかったのですが、ここに来てようやく「長持ちしそうな品質のいいもの」に手を出せるようになりました。

娯楽も少しずつできるように。

上の子はもう小学生なので、派手にお金をかけることなく、どこかに連れていくようにしています。

前までは、おでかけの際の交通費すらもためらっていたから、ちょっと離れた大きな公園にも行き渋っていたのですが、そういう交通費もサクッと出せるようになりました。

子どもたちが街中で、おいしそうなアイスのワゴン売りを見て、「食べたい〜!」って行った時にもサクッと買ってあげられるようになりました。

ちょっと心が潤うお金の使い方ができるようになって、なつこは満足です。

ディズニーランドはまだまだいけませんが、債務整理がきっかけに、低コストでも喜べる体質になってきました。

ネガティブ思考だった5年間。

借金で悩んで、お金についてググりまくっていると、ネットで辛辣な意見を見かけるわけですよ。

同じく借金している人が、顔も見えない人に罵られていたりしてさ、「あぁ、私もこういう風に思われているんだろうな」なんて考えていたら、とっても凹んでしまって。

お金がない状況って、それだけで視野が狭くなるし、思考停止しちゃうんですよ。そんな中でのネガティブ発言を見てしまうと、マジで落ちるとこまで落ちる。

本当に、借金がある状態っていうのは、よくないんだな、と。

ネガティブな意見に影響されて、ネガティブな意見が自分の中での全てだと思ってしまう。

借金は本当に人をダメにしますね・・・。

常に思うのが、債務整理をあの時決断しておいてよかったということ。

なつこの場合は自己破産でもいいくらいで、結局は任意整理を選択して5年間コツコツ返済を続けてきました。

もちろん非常に苦しい道のりでしたが、やっぱり債務整理はしておいてよかったです。

ようやくまともな生活を送れるようになってきているし、何より子どもたちに当たり前のものを与えてあげられることが嬉しいです。

借金苦の時の状態が今もつづいていたら、学校で必要なものも、満足に買ってあげることができなかったかもしれない。

そう思うと、早く債務整理しておいてよかったです。

借金だらけで思考停止している間にも、時間は容赦なく過ぎていきますし、本当にこればっかりは早めに決断するべきです。

なつこはまだまだ国保の滞納分や、楽天カードの支払いがありますが、もう二度と同じ過ちを繰り返さないように、この辛い5年間を心に刻みながら、しっかりお金の使い方について真剣に考えていきたいです。

なつこ
あとは、やっぱり同じく借金で悩んでいる人たちを、応援していきたいなぁ!

気持ちが沈みがちな借金生活に、少しでも潤いを与えられるようなブログを書いていきたいと思っていますので、今後もどうぞよろしくお願いします!

辛い借金の督促を今すぐ止めよう!

たくさんのところから借り入れをしていて、毎月自転車操業になっている。返済できないところからかかってくる督促の電話が怖い。
そういった悩みも債務整理で解決することができます。

サンク総合法律事務所なら、初期費用0円でしつこい督促の電話をストップすることができます。
なつこ
最初はドキドキしますが、勇気を出して相談すると本当に楽になりますよ!

借金で周りに迷惑をかけてしまう前に、自分でしっかり解決していきましょう!
温厚な先生が評判◎弁護士法人サンク法律事務所に相談する

おすすめ記事と広告

  • この記事を書いた人

なつこ

なつこ31歳。お互い借金を抱えたままできちゃった結婚。その後第2子出産を機に債務整理。MAX総額600万円を返済中です。3人の子どもがいます。

-借金返済生活

Copyright© 夫婦で債務整理!無計画主婦が毎月12万借金返済するブログ , 2019 All Rights Reserved.